株式会社オデット

バレエシューズやトウシューズ、レオタードの通販はバレエ&ダンス用品専門店ダンスオデットへ。トウシューズのほかレオタード、バレエレッスン着など、バレエには欠かせないアイテムを取り販売しています。


の関連情報

バレエ(仏: ballet)は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス。音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台である。物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊劇が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。しかし20世紀以降には物語性を否定する作品も生まれた。一方で短い小品でありながら優れた物語性をもつものもある(「瀕死の白鳥」など)。事前に振付家によってバレエ独特の所作を指定されたものを演じ、即興作品は少ない。振付の仕方を振付術(コレオグラフィー)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

子供をバレエ教室に通わせたいと考えている場合は、自分が想像しているよりもお金がかかってしまうと覚えておきましょう。入会金や月謝を見ると、あまり高くないと考える傾向がありますが、それ以外の部分でかかるお金がたくさんあるので、しっかりと把握をした上で、教室選びを行うようにしましょう。入会金は一般的に10000円から20000円前後の価格に設定されている傾向が強いです。20000円に近い金額の場所が多いので、相場はそのくらいだと覚えておくと良いでしょう。月謝も10000円前後になるので、この部分だけを考えると、無理なく支払いをすることができると考える人がたくさんいます。どこでたくさんのお金が必要になってしまうのかと疑問を感じる人がいるでしょう。非常に高いお金がかかってしまうのは、発表会になります。発表会に参加をするためには数十万円のお金がかかってしまう傾向があると覚えておきましょう。つまりこの分のお金を用意することができていなければ、子供がせっかく頑張っているのに、発表会に出してあげることができない状態になります。これでは習っている子供も高いモチベーションを保ったままで、練習をすることができなくなってしまいます。もちろん入会などをする際にしっかりと発表会にかかる費用などを伝えてもらえる場合がほとんどですが、伝えてもらえなかった場合は、自分から説明を求めるようにしましょう。その部分を伝えると教室に入会してくれなくなると考えて、説明を省く場合もあります。この部分の説明を省かれてしまうと、1番困るのが自分になります。発表会にどれだけのお金がかかるのかと言う部分を聞くのは恥ずかしいと感じてしまいますが、後から自分が予想することもできなかったような金額を言われるよりは、その場で解決をしておいた方が良いと覚えておきましょう。どちらかと言うと、首都圏の方が発表会にかかる費用が高額になっています。
Tagged on: ,株式会社オデット